パチスロ新台情報、解析情報

パチスロ実践記 > スポンサー広告 > 5月24日(木)> 実践記 > 5月24日(木)

プロフィール

レイジーQ

Author:レイジーQ
パチンコ・パチスロの新台情報や解析情報を最速でお伝えします。

管理画面

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

オススメサイト







スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↑ ↑ ↑ ↑
ポチッとお願いします♪

5月24日(木)

2012年05月25日(金)

昨日はエヴァで辛勝だったので、今日もまたエヴァを打つ

アニメーションリーチが初めて採用されたのもエヴァかも?

アニメと図柄が連動するなんて、斬新でしたよね

信頼度も高かったし、他の機種でもアニメーションや実写が

使われるようになりました

年々液晶も大きくなり、ゲージ(玉の通り道)が単一化され

打ち手による差が少なくなってきました

万人に平等な調整で、できることといったら時短中、大当り中の止め打ち

ぐらいですね

まぁ、やったほうが間違いなく勝率は上がりますが、ほとんどの店で

アタッカー周りの釘がキツイので、大当り中右打ちする機種以外は

あまり効果がないのが現状ですね

スロットも技術介入が減り、目押しさえできれば大丈夫な機種が多いです

ほとんどの機種に液晶が付いていて、液晶がないと人気がでない

例外としてはジャグラーシリーズや沖スロがありますが、それ以外は

現状生き残ることはできないでしょう

メーカーも液晶なしの台は開発する気がないと思いますが(笑)

初の液晶搭載機種は『ゲゲゲの鬼太郎』でまだ小さい液晶でしたね

朝一数ゲーム以内に液晶にカラスが飛べば、設定変更確定だったと思います

この辺りから、どのメーカーも液晶搭載の機種を誕生させてきます

山佐だけは独自に開発した4thリールや、透過型液晶のELビジョン

ビックボーナスのJACゲームが1回だけのタイプY機、7ライン有効機

アルゼ、サミーがATや大量機のシェアを広げる中、山佐はAタイプでは

人気がありましたが、両巨塔を打ち崩すことはできませんでした

たった1機種が爆発的ヒットするだけで、これほどまで勢力図が変わる

業界も珍しいですよね

獣王で一気にTOPに躍り出たサミー、それまではスベリが熱いだけの

台が多かった3流メーカーだったのですが、獣王でスーパーATを浸透させ

北斗の拳のメガヒットで業界No1を揺るぎないものにしました

あとは、なんといっても大都の吉宗ですね

吉宗以前の大都といえば、初のフラグ持越し機能搭載の『バンバン』

イージータイムでコイン増加時速最速を売りにした『ガンガン』

吉宗の前身であり、その後の大都のキャラクターになった『シェイク』

他にもありますが、ほとんど店舗に設置されることはありませんでした

元々、ホール設備のほうで有名な会社で、玉循環設備やジェットカウンター

などを販売していました

吉宗の爆発的ヒットで一気に有名になった大都ですが、3流メーカーが

一気にシェアを広げてしまったので、ゴトの標的になってしまったわけです

これまでのゴトと違ったのが、一般の普通の客までもゴト行為に手を

染めてしまったことです

ゴト器具がネットで売られ、簡単に手にすることができ、安易な考えで

犯罪を犯していました

その後は押忍!番長も大ヒットし、大都の地位を不動のものにしました

5号機になり、山佐が盛り返してきましたが、また名もないメーカーが

衝撃的な台を登場させることでしょう

いつの日か必ず・・・




関連記事
スポンサーサイト



↑ ↑ ↑ ↑
ポチッとお願いします♪

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
サプリでダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。